勉強

マッサージの資格を取得しましょう~モミモミ資格の取得~

人を支える技術職

マッサージ

どんな仕事なのか

医療現場には義肢装具士という技術者がいます。義肢とは主には義手や義足、義指のことを指し、装具とはギブスやコルセットのように、体の負担を軽減する道具のことです。これらを作成するのが義肢装具士と呼ばれる職業です。具体的には、医師の指導のもとで義肢や装具の着用箇所の採寸し、これを制作して身体への適合を行います。近年では、複雑な動きが可能な義手や、走ることも可能な義足などが登場しており、義肢装具士に求められる技術も複雑化しています。さらには、患者さんとのコミュニケーションや、理学療法士・作業療法士などのリハビリスタッフとの連携を行い、着用時の不安定さを軽減するために調整を繰り返し、患者さんの着用時の不安を解消するなど、コミュニケーション能力やチーム力も求められる仕事です。

なるには

義肢装具士になるためのルートは3つほどありますが、まずは厚生労働省が指定する専門学校や大学に3年以上通うことです。現在、指定学校は大学が4校、専門学校が5校となっています。他には、大学等で1年以上学び、その後2年以上養成所で専門知識や技術を学ぶこと、そして職業能力開発促進法に基づく義肢・装具の制作に関する技能検定に合格し、養成所で1年以上義肢装具士として知識・技術を学ぶこととなります。これらの条件を満たした方は、義肢装具士試験にチャレンジすることとなり、これに合格すると義肢装具士になる権利を得ることとなります。合格率は80〜90%程度ですが、受験者数は増加傾向にありますので、今後難易度が上がる可能性を帯びています。